ナマクラヤイバー

なまくらな人間の雑記。

「好き」あらば

就活終了の報告だけしてどんなおしごとをするかは特に書いてなかったんですけど、アールアンドデーといわれるやつになると思います。より製品に近くなるとは思うけど、今の研究(CVとオプティクスの中間くらい)と関係あったりなかったりすることをやるんじゃないかなあ。

いまの研究はけっこう好きでDの意思も多少はありました。それをしなかったのはDの先輩の立ち回りを見ていてやっていける自信がなかったというのが一番大きいですね。毎日サーベイして毎日研究してアカデミックなコミュニティにも積極的に参加して…みたいなエネルギッシュなことをできる気がしませんでした。まあその人がつよい研究者なだけで、Dの意思を継ぎたいだけなら無難にやってくやり方もあったとは思いますけど。

結局Dじゃなくて就を選んだわけですが、それでも不安は残ってます。「自分は研究が好きなままでいられるのか?」というありがちやつですね。僕は研究を「する」のは好きですが、たぶん研究を「やらされ」ていると感じた瞬間につらくなると思います。今のボスがめちゃくちゃ僕にとってマッチしている(学生の世話を焼いてくれる、自分の興味と合った研究をさせてくれる、ナメた口きいても怒らない)ために「やらされ」感は一切ないのですが、合わない人が上司に来た時のことを考えるとこわいですね。

他にも「全く興味のない研究テーマに当てられる」「研究の成果がなかなか出ない」など、研究が好きじゃなくなる要因を挙げたらキリがなさそうですね。それを念頭に置くと、ボスと気が合って、やりたい研究をできていて、成果がそこそこ出ている現状ってすごくぜいたくだなあ、としみじみ思うわけです。ありがとうボス、論文はまた〆切ギリギリになりそうです。

 

ふだんは特定がいやなのであんまり具体的な自分語りはしないんですけど、とあるブログ記事に自分の境遇と重なるものを感じて思わず書いてしまいました。リアルの知り合いはこの記事を読んでも見て見ぬふりしてください。見ないでよ、えっち!

そういえば

就活たぶん終わりました。すでにブログ書いた気になってて報告が遅れましたね。どうもなんやかんやのあれやこれやのけいだんれんらしく、キチンと内定が出てるわけではないんですが基本的にはだいじょうぶなアレっぽいです。思えばこのブログでも就活の話をチラホラしてきていたので、いよいよ終わりかあとしみじみした気持ちです。あとは修了するだけですね。

研究の方は意外とやばくて、こんな記事書いてる場合じゃないくらい原稿〆切ラッシュです。別に修了に必要なわけじゃないんですけどね、まあボスへ恩返しということで。そんなに資金が潤沢なわけじゃないのにぼくの研究テーマだけで●●●万円も使ってごめんね。

なんか趣味の話しとこうかな。おめシスはいいぞ

 

巡回

季節の巡りは早いもので、いつの間にかブログを開設して1年回ってました。
この一年でぼくは炊事洗濯(掃除はまだ苦手)を定期的にやるようになり、アルゴリズムと専攻分野の知識は多少増え、けん玉を9本購入し、就活はやるだけやってます。えらーい!

当初はもっと沢山の記事を投稿する予定だったんですが、ままならないものです。趣味とか考えてることとか、ブログに書きたいことがない訳ではないんですが、それらに夢中になっているときって、アウトプットにリソースが全然割けないんですよね。そしてそれらと距離をおいているときは、必然的に忙しいときなんですよね。ままならないなぁ。
就活を通して自分の将来とうまく折り合いをつけることができたら、今度こそ好きなことの記事をバシバシ書きたいなあって思ってます。けん玉とか、ゲームとか、石とか、論文紹介とか。

明日の面接、がんばりますかね。

諸刃

諸事情でブログを書けてませんでした。ここ半年強もの間に何をしてたかというと、付け焼き刃の知識で専攻と違う分野のインターンに行ったり進捗ゼロで学会に参加したりしてました。えらいね。
後期になってから講義が減って時間が増えたこともあって、なんと洗濯掃除を隔日で、自炊をほぼ毎食やるようになってしまいました。これはブログを始める前のぼくでは考えられない進歩でしょう。ブログタイトルをハタラキモノヤイバーに変えた方がいいかもしれません。

就活というものがあるらしいです。なんでもえらい人たちに対して自分の武勇伝をかたるとお金をもらえる仕組みのようです。むむむ。
やはりやりがいがある企業でイノベーションアジェンダしていきたいですね。幸せは年収や残業時間の少なさではなくやりがいで決まるものですからね。

最強ホワイト企業リセマラランキング [検索]

定常

せまった予定や〆切がなくなり、つかの間の日常に戻ってきました。忙しくなってくるといろいろ犠牲になりがちですね。やっぱり修士は学部生の頃に比べれば重労働です。ただ、前期で一番大変であろうイヴェントが終わったので一段落しました。あとは学期末までそこそこの忙しさで済みそうでルンルンです。

忙しいときはいろいろやろうと思うんですけど、いざ暇になると宙ぶらりんになりがちですね。それでもやりたいことはたくさんあるので一つ二つ選んでやろうかなとおもいます。

休日になにかひとつは為す、ということを目標に頑張っていこうと思います。もし休日にツイッターばっかやってたら、「今日はなにか為しましたか?」とやさしく諭してあげてください。

ほめるよ

GWも過ぎて、新学期特有のやる気もだいぶ落ち着いてきました。買い物と自炊の習慣は少しついたんじゃないかなあ。これは非常にえらいです。立派な人間になってしまった。

最近、寝る前にその日の自分の行いをほめたたえる習慣も身につきました。どんなささいなことでも自分をほめることで、「なんだ、ぼくって結構やるじゃん」という気持ちになれるのでいい気分で眠れます。このとき、その日の反省点には絶対に触れないことを意識しています。気持ちよく自分をほめようってときに反省なんか不要だからです。「反省だけなら昼でもできる」と昔のCMも言っています。チオビタドリンクを飲んだことはありません。

自分をほめるようになると他人もほめたくなるのが人情ってもんです。ただし、自分と他人では「ほめ閾値」が違うため、安直にほめ過ぎると皮肉と受け取られることもあるようです。これはむずかしい問題なので次回までの課題とします。それではおやすみなさい。

 

今日はブログを更新したし電気を消して寝た!えらい!

最近傍

最近はそれなりにキチンとやることをやるようになり、毎日ルンルンで生きています。ふだんと違いすぎて傍から見るとちょっと気持ち悪い、と同期に言われました。シクシク。

家事やタスクをこなすことに対する抵抗は大分なくなって来ましたが、いまだに洗濯と論文執筆だけは苦手です(あとサーベイと研究室の雑用と環境構築と…)。洗濯ってあらゆる家事の中で最も手間がかかりません?目立つ汚れを手で落とす、洗濯機を回す、干す、取り込む、畳むの5工程もあります。しかもすべての工程が終わるまでに時間がかかるので、心理的なハードルがすごいです。日常的に洗濯をする人はえらい。

論文執筆はもっといっぱい文章書いて慣れるしかないなあ。第一稿書き上げるの遅れちゃってごめんね、ボス。

 

最近周りから「インターン」「就活」といった単語がよく聞こえてくるようになりました。ぼくは強いネクラ・オタクなので、そう安々と流行には乗っかりません。とりあえず○○ナビ2020に登録してみました。弱いオタクでした。

ほどほどに頑張ってみようと思います。おやすみ。